10016_2021-11-25-12-12-41.jpg

新たな時代へ
AIによる医療画像診断支援サービス

病理学とは、疾患を研究する学問。この150年間、病理診断の技術ほぼ変わらずに受け継がれてきました。

従来の方法は、手作業でしか行えず、効率性が低く、不精確な結果を導きやすいのです。 

 

技術の革新及び新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、デジタルパソロジーに対するニーズは一層高まっています。しかし、医療界におけるデジタルトランスフォーメーションに存在する制限を解除するには、AI技術が

不可欠な要素となります。データ分析技術によって、病理医の診断効率及び精度を高めることが可能です。

 AIによる病理学の
デジタルトランスフォーメーション
 

当社はデジタルパソロジー及びAIによる診断支援ソリューションを提供することによって、病理医の作業効率化を

図り、デジタルトランスフォーメーションの潜在可能性を実現したいと考えます。

 

我々は臨床・AI研究及びAI開発等様々な場面に応用可能なデジタルパソロジープラットフォームを開発し、ウェブベースのWSI画像管理・閲覧システム、アノテーション、AIモデルの構築、ワークフローにAI技術の実装等のサービスを

提供しております。

要するに、当社はデジタルパソロジーにおけるAI開発に関する多種多様なサービスを提供しております。

圖層 1.png

手軽に画像共有・

使用者間の連携性向上

医師の日常業務改善を目的に開発されたデジタルパソロジーワークフローシステムは、病理医業務の効率化及び生産性

向上を実現できます。

システムを通し業務量・業務プロセスを把握した上で、AIを組み込むことにより、業務の優先順位をつけることが可能です。

未命名-1-02.png
輪播6.jpg
未命名-1-02.png
輪播4.jpg

ギガピクセルAI

WSI画像をCNNの学習に使用する場合、高い解像度によってCPUのメモリ不足エラー(OOM)が発生する頻度が高まります。

そのため、画像をパッチに切り分けてトレーニングを行うのが一般であるが、この方法で行うと大量のアノテーション作業が必要となります。
当社が開発したギガピクセルAIは、アノテーション・画像分割なしでWSI画像でAIトレーニングを実行することが可能です。
当社はメモリ不足の問題を克服し、さらにアノテーション作業を簡略化することによってデジタルパソロジーAIの開発を加速させました。ギガピクセルAIは、より大量なWSIデータを機械学習に応用することを可能にする、革新的な技術です。

新時代病理学のための

AIシステム

当社は優れた画像認識能力を持つディープニューラルネットワークの活用を通し、病理診断の高精度化の実現を目指します。
我々はスライド品質管理・ケースのトリアージ・細胞分類計数・IHC免疫染色定量化等に関わるAIソーリューションズを提供しております。

未命名-1-02.png
輪播.jpg
未命名-1-02.png
輪播.jpg

組み込みAIシステム

医用画像機器に対応するAIシステムを開発し、スマートな臨床ワークフローを実現します。

パートナー

brochure_JP_202107_A3-07.png
Cedars.png
brochure_JP_202107_A3-08.png
brochure_JP_202107_A3-10.png
brochure_JP_202107_A3-09.png
brochure_JP_202107_A3-11.png
brochure_JP_202107_A3-12.png
brochure_JP_202107_A3-16.png
wwww.png
brochure_JP_202107_A3-13.png
brochure_JP_202107_A3-14.png
brochure_JP_202107_A3-15.png

What's New

人材募集

我々は医療・データサイエンス・コンピューター工学等多領域の専門家を集め、最先端の技術を取り入れ、医療画像診断の水準向上・医療サービスの品質向上を目標として研究開発に取り組んでいます。

AJ5A5989.jpg